namicoin

written by an undergraduate student in Kobe

Welcome to namicoin

This is a blog about crypto currency

いまさら聞けない仮想通貨語大辞典

どうもこんにちは。なみ(@namicoin)です。

仮想通貨用語辞典をつくってみました!随時更新予定です。

仮想通貨を始めてみて、いざ情報収集するときに知らない言葉がたくさんあって困ってしまうことありませんか?この記事は、仮想通貨をはじめるにあたって知っておきたい言葉やちょっとマニアックな知識、仮想通貨界のスラングなどについてまとめています。時間がかかるかもしれませんが、時間のある時にゆっくり目を通すだけで仮想通貨のいろんなお話が簡単に理解できるようになると思います。

調べたい言葉をページ内検索してみてください。見出しになっていない単語も、別の単語の意味のなかで説明がある場合があります。もしこちらの記事にない言葉がございましたらコメントしていただけるとありがたいです。

仮想通貨用語大辞典

f:id:namicoin:20180102011925p:plain

アルトコイン

ビットコイン以外の仮想通貨すべてを指します。オルトコイン、ビットコイン2.0ともいいます。

ウォレット

仮想通貨を保管する「財布」です。銀行口座のようなものだと思ってください。

ATH

All Time High (オール・タイム・ハイ) の略称で、過去最高額のことを指します。

ガチホ

ガチでホールドの略称で、一切の価格変動を無視して一度握ったら決して手放さないことを意味します。仮想通貨は短期的な値動きが非常に激しい一方で長期的には右肩上がりな銘柄が多いことから「ガチホ最強」ということがよくあります。

仮想通貨

円やドルのように実世界での形をもたないインターネット上に存在する通貨です。電子マネーのおともだちです。基本的には銀行のような中央集権機関が存在せず、発行はそれぞれの通貨に設定されているアルゴリズムによって設定されています。

草コイン (shitcoin)

単位当たりの価格が非常に安い通貨や、マイナーでまだ多くの人が知らないような通貨、だれが作ったかはっきりしない今後の発展もよくわからない通貨のことをいいます。将来どうなるかわからない一方で単価・時価総額が安いことから、価格高騰は数倍単位で起きることも多く、非常に大きな利益を得られる可能性を秘めています。しかし開発がどうなっているのかわからないものも多く、一気に無価値になってしまうリスクもあります。

時価総額

現在の発行枚数 × 現在の1枚あたりの価格で計算されます。時価総額はその通貨の市場規模を表しており、時価総額が高いということは将来が期待されていることを意味しています。

スケーラビリティ問題

ブロックチェーン技術は、一定量の取引をひとつのブロックというデータにまとめて保存しています。取引の量が増えることで、ブロックに収まらない取引が増えてしまう問題をスケーラビリティ問題といいます。

○○建て

円建て、BTC建てのように使います。○○建てといったら○○でいうといくらか、という意味です。

トーク

発行元をもたないコインとは違って、発行枚数を管理することができる明確な発行元をもつ仮想通貨です。

トランザクション (transaction)

取引のことです。仮想通貨界では取引のことを主にトランザクションといい、誰から誰へいくら送金されたのかを意味します。

ハードフォーク (hard fork)

あるブロックを境にプログラムの仕様が変更されることを意味します。ハードフォーク後の通貨が旧仕様のものと新仕様のものに分かれることから「分裂」とも言います。分裂後の新仕様のものをフォークコインと呼び、代表的なものにビットコインのフォークコインであるビットコインキャッシュ (BCH) があります。

バーン (burn)

英語で「焼却する」を意味する言葉で、仮想通貨を消滅させることを意味します。発行上限枚数が決まっている通貨の一部がバーンされると総発行量が減少し、その通貨の希少性が高まり、価格が高騰することが多いです。

ビットコイン (Bitcoin、BTC)

言わずと知れた仮想通貨です。すべての仮想通貨の原点で、Satoshi Nakamoto という人がインターネット上に投稿した論文をもとに作られました。通貨単位は BTC です。世界で認知され、価格が高騰するにつれて送金に時間がかかることや、送金手数料が高いことなどの問題もでてきました。

秘密鍵

暗号技術で使われるデータで、デジタル署名やデータの承認に使われます。仮想通貨ではウォレットに設定されている秘密鍵を知っていることが「所有権」の証明になります。ウェブウォレットを利用する分には気にすることはありませんが、第三者に漏れないように注意する必要があります。

フィアット (Fiat)

円やドルといった法定通貨のことです。フィアット建てといったら法定通貨でいくらかということになります。

PoI

Proof of Importance (プルーフ・オブ・インポータンス) の略で、NEM 独自のアルゴリズムです。NEM についてはこちらをご覧ください。

namicoin.hatenadiary.jp

PoS

Proof of Stake (プルーフ・オブ・ステーク) の略でイーサリアムをはじめとする多くの仮想通貨に採用されています。コインの保有残高と保有期間に応じて報酬が与えられます。

PoW

Proof of Work (プルーフ・オブ・ワーク) の略でビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に採用されているアルゴリズムです。ビットコインのような PoW を採用する仮想通貨ではトランザクション承認に必要な計算量に応じて、多大な計算を最初に解いた人に報酬が与えられます。ハイスペックなマシンとそれを動かし続けるための電気代が必要になります。

ブロックチェーン

ほとんどの仮想通貨で使われているプログラムで、ネットワークを使った分散型台帳システムを意味します。複数のトランザクションをまとめたものをブロックといい、これが鎖でつながれたように保存されているのがブロックチェーンです。それぞれのブロックは不可逆につながっていて、改ざんを許しません。

HODL

仮想通貨を売却せずに持つことです。HOLDをもじってこのように言うことがあります。なんて読めばいいんでしょうか笑

MOON

もちろん月のことです。ある通貨の価格が高騰して月まで届きそうというときに to the moon と言ったり MOON するなどと言います。

ブランディング

元のブランドを一新して新しいブランドとして切り替えることです。リブランディングは価格高騰につながる可能性があるので要チェックです。

広告を非表示にする